FC2ブログ

    脳梗塞@入院中41日目リハビリ期

    なんだかなぁ~って感じです。

    これまで大きな病気や長期の入院をすることがなく過ごせて来れたのですが
    今回一か月半、また2病院に渡る転院などを経験し、自分が如何に無知だったかを思い知らされました。

    医療機関と言うのは、病気や傷病を負った人の為に存在するのではなく、
    医療行為を行う事によって、世の中の為になっていると勘違いしている人達の為に存在している。

    故に、何をするにしても患者の意思は関係なく、全て医療機関の思惑と自己都合が最優先されます。
    しかも、商行為≥医療行為であるにも係わらず、サービス業という意識が全くない。

    詳細は割愛しますが、今回学んだことは
    『病院という所は、患者が選ぶのではなく、病院が患者を選ぶシステムと言う事』
    『物事の全てを患者が病院の都合に合せなければならないこと』
    『病院は現状の社会保障制度の中で無尽蔵に報酬を得ていること』
    『患者は病院に対して弱者であること』
    『患者は全ての不利益・不条理・理不尽を受け入れなければなければならないこと』

    全ての病院がこうだとは言うつもりはありません。
    しかし、医療業界の極一部の人間たちが特権階級と信じ込み、それを業界に対し影響力を行使するため
    末端で従事する人達の感覚を麻痺させているのだと思います。

    もしこの記事に不快感を持たれた方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありません。
    スポンサーサイト



    GO TOP